Obiiメディカルアートメイク

  • 医療機関で行うアートメイク

    -
  • シロノクリニック / ノアージュ

    -
  • CONTACT US

SACHIKO OBINATA大日方 幸子

どうか私の創るアートメイクが
あなたの人生の美しさに
寄り添うものでありますように。

SACHIKO OBINATA

MESSAGEメッセージ

text message

PROFILEプロフィール

thumb profile
name

東京生まれ。
アートメイクアーティスト、看護師。
株式会社Obii 代表取締役。
日本メディカルアートメイク協会理事。
皮膚科、美容皮膚科勤務歴20年。

医療機関において医師の管理のもとに行う安全なアートメイク技術を習得。
施術数4,000件を超える経験を経て、一人ひとりの美しさを引き出すナチュラルアートメイクを確立。 洗練されたセンスを磨くことと丁寧かつ誠実な施術がモットー。
女性のみならず男性も全国から来院。

目元を変える新しいアイライン技術「インサイドフレームライン」は商標登録済。
現在「オビイ・メディカル・アートメイクスクール」校長として後進の指導・育成に従事。
また、「シロノクリニック恵比寿本院」、東京ミッドタウン皮膚形成外科「Noage」(ノアージュ)にて施術も担当。

推 薦
美しいデザインやナチュラルな仕上がりは大日方先生だからこそ

アートメイクは、当初、デザインはメイクアップアーティストが担い、実際の施術を護師が行っていました。洗練されたセンスと高い技術力がないと「メイクアップしたデザイン通りのアートメイクはできない」。
つまり、アートメイクのやり方(入れ方)を「知っている」だけでは自然で美しいアートメイクを「創る」ことが困難でした。
Obiiメディカルアートメイクスクール 大日方先生との出会いが、上記問題を解決するきっかけとなり、当院の看護師を大きく変えてくれることになったのです。

医療機関で10年以上の経験、施術数は5000を超え、定評ある美しいデザインやナチュラルな仕上がりは、大日方先生だからこそでしょう。
大日方先生の指導を受けた当院の看護師(アートメイクアーティスト)は、アートメイクに対する真摯な気持ち、お客様に喜んで頂ける高い技術力を手にすることが出来ました。
これからのアートメイクは医療機関で受けるのが当たり前の時代です。
圧倒的なデザイン力と技術力を持つ、Obiiメディカルアートメイクを推薦します。

美容皮膚科シロノクリニック
総院長 城野 親德

推 薦
アートメイクアーティストとしてこの上ない人材。

現在、アートメイクは医療機関内で医師の管理のもと医師および看護師が施術しなければなりません(厚生労働省医事課確認済)。
大日方幸子氏は看護師として20年余り皮膚科・美容皮膚科勤務の経歴があり、アートメイクとは切っても切り離せない「皮膚」に関しても知識を持ち合わせた、アートメイクアーティストとしてこの上ない人材であるといえます。

彼女は10年ものあいだメディカルアートメイクに熱く取り組み、そのセンスと誠実な施術は多くの患者さまの高い評価を得ております。
また、その人柄から皮膚科、美容皮膚科、眼科医師との連携も強くあるところも強みでしょう。
大日方幸子氏は日本のみならず世界でも指折りのアートメイクアーティストであると信じ、これからもますます飛躍することを願っております。

日本メディカルアートメイク協会 理事長
医療法人三慶会 理事長 辛 氾基